保育の特色

コミュニケーションを大切にした保育

キンダーホームは、東北地方で初めて乳児保育を実施した園です。
言葉を話せない赤ちゃんを、始めて他人に預けるのはとても不安なもの。
キンダーホームでは、普段の会話や連絡帳の密なやり取りを大事にして、こども園でのお子さんの様子を、できるだけ詳しくお伝えしています。

自然の中で育つ

自然の中で育つ

子どもにとって、水・土・泥・木々・草花・生物は、必要不可欠なもの。
こども園の周りは、岩手公園、北上川・中津川の川原、畑など、豊かな自然の恵みでいっぱいです。
よちよち歩きの赤ちゃんのころから、お散歩して、お外の空気に触れるようにしています。
園庭や岩手公園で、元気いっぱいに遊ぶのが大好きなお子さんがたくさんです。

自由にのびのびと

はだし保育

春から秋までの季節には、園児は保育園内をはだしで過ごします。
1歳ぐらいから、歩くようになると、「土踏まず」が徐々に発達します。
この土踏まずのできる発達過程をはだしで過ごすと、足の裏がじかに刺激を感じます。
それが大脳への刺激となって、体や心の発達も促すと言われているので、はだし保育を取り入れています。

異年齢での遊び

自分のことは自分でする習慣

小さいころから、自分一人でお着替えやお片付けを進んでできるようにしています。
自分のことを自分でするためには、あいさつも大事。
朝の「おはようございます」、食事のときの「いただきます」「ごちそうさま」、お迎えのときの「さようなら」を大事にして保育をしています。

心に残る体験を

年長クラス・年中クラスの教育の取り組み

イメージ通りに体を動かす

運動遊びの中で、ルールがあることを知り、身体を動かす楽しさを学びながら、「どうすればイメージ通りに体が動くか?」を考えて取り組んでいます。

イメージ通りに体を動かす

料理を体験する

カレー作りにチャレンジしたり、給食で食べる食材に触れたり、お野菜を栽培したりして、食べ物に興味を持つ気持ちを育み、食育に取り組んでいます。

料理を体験する

地域の方々に触れる

商店街へのお買い物や、通所リハビリ施設への訪問で、地域の大人の方々と交流する機会を設けて、社会性を育んでいます。

地域の方々に触れる

文字や英語に親しむ

普段の教育でひらがなや数字に興味を持つ気持ちを育んでいます。英語教室で外国の先生と交流する機会を設け、異文化に興味を持つ気持ちを育んでいます。

文字や英語に親しむ

さつまいもの栽培

盛岡大学短期大学部さんにご協力いただき、さつまいもの栽培に取り組んでいます。苗をどこで手に入れるかを皆で考えて、短大の畑に苗を植えに行きます。
夏には畑の雑草取りをして、生長を観察します。秋になると、土の中からたくさんさつまいもが出てきて、子どもたちは大喜びで収穫を楽しみます。
短大の先生や学生さんとたくさんお話ししながら、コミュニケーションの力を培っています。

さつまいもの栽培